福岡市のリフォーム屋さん工事ブログ

床張替え工事(LDK、玄関)

投稿日:2016.10.01

床がぶかぶかしているところが何カ所かあるため、危ないということで、床を張替えることになりました。

既存の床を補修した後、その上に新しい床材を張ります。12㎜ほど床が高くなりますが、古い床とあわせて二重になるため、上部になります。

また、古いお宅は敷居の段差が15㎜ほどある場合が多いため、床が上がると段差が殆どなくなります。

 

  キッチン              ダイニング

CIMG4828  CIMG4827

      ↓          ↓

CIMG4842

奥がキッチン。手前がダイニング

補修部分が結構あります。

     ↓          ↓

CIMG4852 CIMG4851
CIMG4910

完了しました。

キッチンの床は、以前は

クッションフロアシート張でしたが

ダイニングにあわせて、

フローリングにしました。

その場合、水分から床材を守るため

キッチンマットは必ず

敷く必要があります。

今回、流し台も取替えました。

工期:2.5日間

 

    玄関                リビング

CIMG4858 CIMG4853

      ↓                ↓

CIMG4859

床補修中

CIMG4872

      ↓                ↓

CIMG4865 CIMG4874
CIMG4898

↑床張り工事中

 

←今回一番の職人さんの頑張りどころです。

 丸い柱なので、綺麗に仕上げるために

 苦労しました。

工期:2.5日間

      ↓                ↓

CIMG4896

完了

CIMG4903

 

リフォームは、住みながらの工事が多くなります。特に、床を張るとなると、家具や装飾品全てを移動しなければなりません。

勿論、お客様の居場所も確保する必要があります。その為、一部屋ずつ仕上げていくことになります。

一度にやるよりは工期がかかりますが、工事中のお客様のストレスを出来るだけ抑えるためには、とても必要な事です。

 

 

 

 

しつこい営業はしない事を約束します!お住まいのリフォームのお問い合わせ・ご相談はこちら