ガス給湯器と電気温水器(エコキュート)の比較・交換とガスによる発電

電気温水器とガス給湯器の比較と費用の目安

現代の生活において、お湯は毎日の生活に欠かせません。
電気温水器とガス給湯器、お客様の生活に合ったものを選んで、快適な生活を送りたいでよね?
でも、どちらにしても安い物ではありません。
ここでは、電気温水器とガス給湯器の比較と、よく出るタイプの目安の費用を掲載します。

電気温水器とエコキュートの違いと比較

電気温水器には、ヒーター式とヒートポンプ式があります。

ヒーター式電気温水器 エコキュート

タンク内に設置した電気ヒーターでお湯を沸かしてタンクに貯めておきます。

コロナ 角型 370L 追焚、フルオートタイプ

フルオートとは、スイッチを入れて自動でお湯はりをする機能です。

家族構成の目安 2~4人

器具+取替のみの価格 ¥430,000~(税込)

 (電気温水器を置くコンクリートの基礎、電気延長配線が必要な場合は別途かかります。)

エコキュートは、空気の熱(再生可能エネルギー)を利用し、少しの電気で効率よくお湯をわかす給湯機です。
高効率なヒートポンプ式でお湯をわかすため、CO2排出量を低減し、環境に配慮しています。

 

 

 

ダイキン 角型 370L

家族構成の目安 3~5人

器具+取替のみの金額 ¥650,000~(税込)

(エコキュートを置くコンクリートの基礎、電気延長配線が必要な場合は別途かかります。)

エコキュート

ヒーター式電気温水器とエコキュートとの比較

初期費用は電気温水器が安いが、電気使用量はエコキュートの方が安い。
エコキュートの必要な電気エネルギーは、従来のヒーター式電気温水器と比べてわずか約1/3です。
しかし、 エコキュートは温水器+ヒートポンプユニットが必要な為、電気温水器より広い場所が必要です。設置する場所の確保が必要になります。電気温水器、エコキュート共に設置の際にメリット、デメリットありますのでどちらがお客様にとっていいのか?ご回答しますのでお気軽にご相談ください。

電気温水器とガス給湯器との比較

メリット デメリット
  • 貯湯式なので、タンクのお湯が災害などの非常時でも使用可能。
  • 深夜電力を使用できるため、電気代が安くすみます。
  • お湯を使いすぎると不足する場合がある。
  • 一定量のお湯を蓄えるタンクが必要なのでガス給湯器に比べて形状が大きい。

ガス給湯器設置と交換や費用

水栓が開かれると、バーナーに着火して熱交換器で水を加熱して お湯を瞬間的に沸かし、水栓を閉じると自動的に消火します。電気式と違い使う量だけなのでエネルギーロスがないのが特徴

おすすめのガス給湯器

ノーリツ 給湯専用  20号 16号 屋外壁掛形

オートストップタイプ(設定湯量で自動ストップする機能)

【器具+取替のみの金額】
20号 ¥97,700~(税込)16号 ¥94,600~ (税込)
※16号は家族が少なく、一度にお湯を使用する量の少ない方にはお勧めです。

 20年位前のマンションでは16号タイプが付いていることが多いようです。

 取替えられる際は、20号への変更も可能です。ご相談ください。

 

ノーリツ 給湯専用 ecoジョーズ 20号 16号 屋外壁掛形
オートストップタイプ(設定湯量で自動ストップする機能)

ecoジョーズはこれまで捨てていた約200℃の排熱を再利用して加熱する為(戸建・集合住宅向け) ガス代が16%お得になり、CO2も16%削減になります。

【器具+取替のみの金額】
20号 ¥146,400~(税込)16号 ¥142,800~ (税込)
※16号は家族が少なく、一度にお湯を使用する量の少ない方にはお勧めです。

 
ノーリツ ガスふろ給湯器 20号 16号 屋外据置形(戸建住宅向け)

【器具+取替のみの金額】
20号 ¥190,400~(税込) 16号 ¥175,000~(税込)
※16号は家族が少なく、一度にお湯を使用する量の少ない方にはお勧めです。

※床暖房を設置する予定がある場合は、暖房機能付給湯器をお勧めします。

 

ガス給湯器と電気温水器との比較

メリット デメリット
  • 使いたいときに使う分だけ沸かすので、ロスがなくお湯切れの心配もない。
  • 機器の種類が多く、コンパクトなので設置場所を選ばない。
  • 燃焼する際、バーナーに炎が点火する音がし、排気のためのファンの作動音がする。

ガスで電気とお湯を同時につくりだすシステムです。

ガスで電気とお湯を同時につくりだすシステムです。08

「家庭用コージェネレーションシステム契約(マイホーム発電メリット)」は、ご家庭でエネフォームやエコウィルをご使用になられる場合にお申込みいただけるガス料金契約です。エネファームを含めご家庭で使用される“ガス”は、全てお得な「マイホーム発電メリット」で計算されます。

 

 ガス使用量/月 マイホーム発電メリット   一般料金
 基本料金/月  基準単位
料金/m3
基本料金/月 基準単位料/m3
0m3から14m3
まで
 871.50円
(税込)
 217.08円
(税込)
 871.50円
(税込)
 217.08円
(税込)
14m3を超え29m3まで 2,866.50円
(税込)
81.58円
(税込)
 1,092.00円
(税込)
 202.06円
(税込)
29m3を超え97m3まで  1,501.50円
(税込)
 188.10円
(税込)
 97m3を超える場合  2,047.50円
(税込)
 182.52円
(税込)

46MJ地区料金(平成25年5月現在)

【適用条件】

  1. 専用受託またはガスメーターの能力が10立方メートル毎時以下の主として住居部分でガスをお使いになる併用住宅であること。
  2. 定格発電出力(機器容量)が5kW以下の家庭用コージェネレーションシステムをご使用であること。


06

一日の売電量パターンの比較

ダブル発電の家では、エネフォームでつくった電気から優先的に使用。
だから太陽光発電でつくった電気の多くを売電にまわせます。

一日の売電量パターンの比較

※売電については、太陽光発電の設置が必要です。

ガスで節電 マイホーム発電をはじめませんか

エネファーム エコウィル

ガスから取り出した水素と空気中の酸素を化学反応させて、電気と熱(お湯)」をつくります。温暖化対策の切り札として注目されるマイホーム発電のエコプレミアムです。

ガスを使ってガスエンジンを動かし、発電します。発電時に発生した排熱は給湯や暖房に利用します。すでに全国で10万台以上が稼動する実績十分の普及タイプです。

  10年間の無償フルサポート

エネファームなら家庭での購入電力量が約6割減少

 家庭での購入電力量が約6割減少

エコウィルなら家庭での購入電力量が約3割減少

エコウィルなら家庭での購入電力量が約3割減少

エネファームの補助金が延長!

エネファームは、国の補助金対象商品です!
(エネファームを設置する費用の一部を国が補助します。)

 補助金額上限
 450,000円

【募集期間】
  平成24年12月14日(金)~平成26年2月28日(金)17時(補助金申込書のFCA到着)
  ※詳しくは、FCA(燃料電池普及促進協会)、又は西部ガスの担当者へお問い合わせください。

しつこい営業はしない事を約束します!お住まいのリフォームのお問い合わせ・ご相談はこちら