ガス給湯器と電気温水器(エコキュート)の比較・交換とガスによる発電

電気温水器とエコキュートの違いと比較

電気温水器には、ヒーター式とヒートポンプ式があります。

ヒーター式電気温水器 エコキュート

タンク内に設置した電気ヒーターでお湯を沸かしてタンクに貯めておきます。

コロナ 角型 370L 追焚、フルオートタイプ

フルオートとは、スイッチを入れて自動でお湯はりをする機能です。

家族構成の目安 2~4人

器具+取替のみの価格 ¥430,000~(税込)

 (電気温水器を置くコンクリートの基礎、電気延長配線が必要な場合は別途かかります。)

エコキュートは、空気の熱(再生可能エネルギー)を利用し、少しの電気で効率よくお湯をわかす給湯機です。
高効率なヒートポンプ式でお湯をわかすため、CO2排出量を低減し、環境に配慮しています。

 

 

 

ダイキン 角型 370L

家族構成の目安 3~5人

器具+取替のみの金額 ¥650,000~(税込)

(エコキュートを置くコンクリートの基礎、電気延長配線が必要な場合は別途かかります。)

エコキュート

ヒーター式電気温水器とエコキュートとの比較

初期費用は電気温水器が安いが、電気使用量はエコキュートの方が安い。
エコキュートの必要な電気エネルギーは、従来のヒーター式電気温水器と比べてわずか約1/3です。
しかし、 エコキュートは温水器+ヒートポンプユニットが必要な為、電気温水器より広い場所が必要です。設置する場所の確保が必要になります。電気温水器、エコキュート共に設置の際にメリット、デメリットありますのでどちらがお客様にとっていいのか?ご回答しますのでお気軽にご相談ください。

電気温水器とガス給湯器との比較

メリット デメリット
  • 貯湯式なので、タンクのお湯が災害などの非常時でも使用可能。
  • 深夜電力を使用できるため、電気代が安くすみます。
  • お湯を使いすぎると不足する場合がある。
  • 一定量のお湯を蓄えるタンクが必要なのでガス給湯器に比べて形状が大きい。
しつこい営業はしない事を約束します!お住まいのリフォームのお問い合わせ・ご相談はこちら