ガス給湯器と電気温水器(エコキュート)の比較・交換とガスによる発電

ガスで電気とお湯を同時につくりだすシステムです。

ガスで電気とお湯を同時につくりだすシステムです。08

「家庭用コージェネレーションシステム契約(マイホーム発電メリット)」は、ご家庭でエネフォームやエコウィルをご使用になられる場合にお申込みいただけるガス料金契約です。エネファームを含めご家庭で使用される“ガス”は、全てお得な「マイホーム発電メリット」で計算されます。

 

 ガス使用量/月 マイホーム発電メリット   一般料金
 基本料金/月  基準単位
料金/m3
基本料金/月 基準単位料/m3
0m3から14m3
まで
 871.50円
(税込)
 217.08円
(税込)
 871.50円
(税込)
 217.08円
(税込)
14m3を超え29m3まで 2,866.50円
(税込)
81.58円
(税込)
 1,092.00円
(税込)
 202.06円
(税込)
29m3を超え97m3まで  1,501.50円
(税込)
 188.10円
(税込)
 97m3を超える場合  2,047.50円
(税込)
 182.52円
(税込)

46MJ地区料金(平成25年5月現在)

【適用条件】

  1. 専用受託またはガスメーターの能力が10立方メートル毎時以下の主として住居部分でガスをお使いになる併用住宅であること。
  2. 定格発電出力(機器容量)が5kW以下の家庭用コージェネレーションシステムをご使用であること。


06

一日の売電量パターンの比較

ダブル発電の家では、エネフォームでつくった電気から優先的に使用。
だから太陽光発電でつくった電気の多くを売電にまわせます。

一日の売電量パターンの比較

※売電については、太陽光発電の設置が必要です。

しつこい営業はしない事を約束します!お住まいのリフォームのお問い合わせ・ご相談はこちら