福岡市のリフォーム屋さん工事ブログ

マンション フローリング張替・床鳴り補修工事

投稿日:2014.12.02

マンションの内装を綺麗にしたいということで、先ずは床から。

既存の床の上に新しい床材を張ります。その前に、床鳴りの補修から。

CIMG2192

CIMG2201

 

最近の新築マンションと違い、以前のマンションンの床の下地は木材で組んでいました。その為、年数が経つと木材が収縮して、床鳴りの原因になる事が多いのです。

こちらのお宅もあちこちで床鳴りしていました。一番の原因は、スラブと木材を繋いでいるボルトが木材の収縮により、緩んできていました。ボルトを締め直したり、木材で束を足したりして、床鳴りの補修をしました。

下地を全てやり替えられると良いのですが、工期も金額的なものも余計にかかる為、現在の床鳴りを全て直すことで、床の補修工事は終了です。

 

 

 

 

CIMG2199

CIMG2203

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG2206

 

 

 

 

床鳴りが無いことを確認して、既存の床の上に新しいフローリング材を張ります。床材の厚みが12㎜、敷居と床の段差が13~15㎜程度なので、張った後は段差が殆ど無くなります。

 

 

 

 

完成です!玄関のCFシートも張替て、シックで落ち着いた雰囲気になりました。

P1020613

P1020601

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

床鳴りを完全に直すことは難しいです。工事の時は全て直したと確認しても、暫くしてまた他のところから床鳴りが発生する場合があります。床鳴りを無くすには、下地から全てやり替えて、置き床工法で工事することの方が良いのですが、工事の期間も費用もかかります。住みながらの工事では、お客様の日常生活も負担が大きくなります。

また、マンションによっては、床張替の工事の際は階下への配慮から、遮音効果のある内容での工事をしなければならない場合も多く見られます。管理組合や管理会社への問い合わせが必要となります。

 

 

しつこい営業はしない事を約束します!お住まいのリフォームのお問い合わせ・ご相談はこちら