福岡市のリフォーム屋さん工事ブログ

マンション間仕切撤去・リビング拡張工事

投稿日:2015.04.30

和室を壊してリビングを広げる工事です。

廊下からLDK迄あちこちで床鳴りがあり、お悩みだった為、床の下地からやり替える事になりました。

CIMG2572

 

 

 

 

 

 

CIMG2586

先ずは、間仕切壁を壊して、床を撤去します。

 

 

 

 

 

CIMG2589

 

 

 

 

 

 

CIMG2596

 

リビングと和室との間仕切りを撤去して、畳を外しました。

 

 

 

CIMG2597

 

既存の床下地(根太組)です。

防音効果と床鳴り防止の為にも次はゴム付の脚を使用した置き床工法です。その為にも根太まで全て撤去します。

CIMG2601

 

CIMG2598

 

 右写真のように、アンカーボルトでとめてあります。

このボルトが緩んで、床鳴りが発生することが多いのです。

 

CIMG2606

 

 

 

 

 

 

CIMG2613

 

住みながらの工事の為、お客様が、不自由な中でも少しでも生活しやすいように、キッチンと玄関・廊下はリビングの床を組んでから。左側に床が残っているのは、その為です。 

 

 

CIMG2617

 

 

壁際に根太を設置します。

 

 

 

 

 

 CIMG2702CIMG2626

 住みながらの工事の為、工事期間中は、処分する予定の畳を夕方敷いて帰ります。(右写真)

お客様には不自由ですが、夜はずっとこの状態で乗り切って頂きました。ありがとうございました。

 

 

ゴム脚とパーティクルボードを置いていきます。

このゴム脚で遮音効果はありますが、更に断熱材を入れて、少しでも音を吸収させ、下階に響く音を軽減させます。

CIMG2674

床を傷つけないように、 新しい床材を敷いた分ずつ養生をします。

 

 

 

 

既存の床にそのまま新しい遮音タイプのフローリング材を張る方法もあります。フローリング材の裏に付いているクッション材の為に、歩くとフワフワした感触があります。床鳴りが少ない場合やその感触が嫌いでなければ、そちらの工法の方がリーズナブルです。

CIMG2571

 

 和室の天井とリビングの天井では、高さが少し違った為、下地を組み直して天井の高さを揃えます。

 

 

 

CIMG2620

 

 

 

 

 

 

CIMG2623

 

 綺麗に下地ができました。

 

 

 

 

 

CIMG2761CIMG2764

 

 

 

完成です!

和室の間仕切りを無くしたお陰で、広く明るくすっきりしました。

工事は、キッチン・玄関廊下・トイレとまだ続きます。

しつこい営業はしない事を約束します!お住まいのリフォームのお問い合わせ・ご相談はこちら