福岡市のリフォーム屋さん工事ブログ

浴室リフォーム(前半)・柱移設     福岡市博多区

投稿日:2015.08.01

お風呂が壊れているということで、思い切ってリフォームされることになりました。

タイルのお風呂からユニットバスへの取替えです。

CIMG2945 P1020983

 

<工事中>

DSC_0501解体中 CIMG3098
DSC_0503

 

柱移設

浴室を解体したところ、あるはずの無い位置に

柱がありました。

新築当時の図面にも描いて無かった為、驚きま

した。

この位置に柱があると引戸が設置できません。

当時の図面や2階の壁や柱の位置等を検証した

結果、柱を移設すれば問題ないという事が

分かり、お客様と相談のうえ、柱移設の

追加工事をする事になりました。

給水・給湯・排水の配管を移設後

土間コンクリートをうつ準備中

(ポリフィルム、ワイヤーメッシュ)

 

 

 

 

 

 

柱を移設する予定の位置に、新しい柱を建てる

準備中。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0533

既存の柱を撤去する前に、新しい柱が建ちました。

DSC_0536

必要無くなった柱を撤去して、壁の下地を組み

ユニットバスの設置に備えます。

 

 

雨が降っていた為、作業場に車庫をお借りしました。

車も養生して作業中。

P1020964

DSC_0542

 

今まで多くの浴室リフォームをしてきましたが、壊してみて柱が建っていることは殆どありません。

今回は、構造上重要な柱では無いにしろ、元の位置から外壁迄の間のどこかにあった方が良いということで、移設しましたが、撤去して問題ない場合もあります。今回は、特殊な例です。

もう一箇所、出窓の奥行きも通常より広く、悩みました。次回のブログでご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しつこい営業はしない事を約束します!お住まいのリフォームのお問い合わせ・ご相談はこちら