福岡市のリフォーム屋さん工事ブログ

マンション脱衣室床補修

投稿日:2015.12.06

浴室を取替える際に、浴室の入口廻りを補修する必要があります。その為、最低でも脱衣室の壁(浴室側一面)と脱衣室の床の仕上げを貼替えます。

CIMG3383 P1030121
クロスは全く同じ柄はなかなかありません。 全く別の柄にしましたが、違和感なく綺麗に仕上がりました。
CIMG3402

浴室は完了しています。

床鳴りがひどかった為、この機会に補修します。

CIMG3411 床鳴りの原因を探して、その上で床を補強します。
P1030112 補強が完了しました。
P1030119

下地のベニヤを張って、クッションフロアシートを張り、完了しました。

床がしっかりしました。

その他の工事

P1030115

トイレのビニールクロスが破けて下の方は剥がれかかっていました。

全てを貼替るのは、便器を取替える時期まで待つことにして、補修することにしました。

P1030118

脱衣室のビニールクロスがトイレと同じものだった為、浴室側の壁を貼替える際に元のクロスを綺麗に剥がして、そのクロスを貼りました。

古いクロスが綺麗に剥がれないと出来ないことですが、もし同じ柄のクロスを補修に使うと違和感があるため、古いクロスを使う方が馴染みます。

お客様には、これで暫くは気にしなくて良いと喜んで頂きました。

しつこい営業はしない事を約束します!お住まいのリフォームのお問い合わせ・ご相談はこちら