福岡市のリフォーム屋さん工事ブログ

床張替工事(1) 

投稿日:2015.12.15

築40年の戸建です。所々増築はされているのですが、古くなった所の手直し等をされていない為、床材が弱ってブカブカしていました。LDK・脱衣室・2F廊下・洋室の一部の床を張替ましたが、今回は洋室の床です。

CIMG3605

こちらは増築部分で、他の部屋とは違い、白蟻の被害がありました。

当初、白蟻駆除・予防もお勧めしましたが、現在は白蟻がいないことと被害は一部にとどまっていた為、お客様のご要望により、今回の駆除は無しということになりました。

洋室の半分ほどに被害が見受けられた為、その部分の床を下地から全てやり替えます。

CIMG3613

白蟻被害(右写真)

CIMG3615

CIMG3619

CIMG3616

 

 

根太・大引・束 撤去中

CIMG3623

撤去完了
CIMG3631

 

CIMG3621

床下地組も全て新しくしました。

白蟻専門業者は入りませんが、使用する木材全てに市販の防虫・防腐材を塗布しました。

CIMG3633 床下地完了
CIMG3634 床材を張ってます。
CIMG3635

完了しました。全体の写真を撮る前に荷物を運び入れてしまった為、一部の写真のみ。(すみません)

この部屋は、一部の工事だった為、既存の床との境目に見切材を使用。

古い床は、レベルが合ってないことも多く、綺麗に床の高さを合わせることは難しい為、小さな段差を解消するための見切材が必要になります。また、古い床材の切り口を隠すためにも上から被せるタイプの見切材は不可欠です。

しつこい営業はしない事を約束します!お住まいのリフォームのお問い合わせ・ご相談はこちら