福岡市のリフォーム屋さん工事ブログ

キッチンリフォーム(戸建)    福岡市

投稿日:2016.01.23

築25年の戸建に引っ越す際に、気になるところをリフォームされたいということで、内装(クロス貼替)の他にキッチン、洗面台等を取替えることになりました。

先ずは、キッチンです。対面キッチンの位置はそのままで、吊戸棚と下り壁を撤去して明るくされたいと言うことでした。

CIMG3695

下り壁と吊戸棚を撤去してダウンライトを

設置しました。

明るくすっきりしました。

3801-2

 

<工事の様子>

CIMG3347 - コピー

解体前

CIMG3697

 

 

 

 

 

 

CIMG3727

下り壁を撤去後、天井や壁を補修中

CIMG3739

 

 

 

 

CIMG3758

壁の補修や造作の後、キッチンパネルを張りました。

CIMG3757

 

 

 

 

 

 

以前のリフォームで新しい床材を張ってありましたが、キッチンの下は張って無かった為、キッチン撤去後は段差が出来ます。新しいキッチンとの奥行きが合わない為、古い床材との間に見切り材を入れる等、高さの調整をします。

CIMG3804

完成です!

間口がキッチンのサイズと比較してぎりぎりだったため、そこに綺麗に設置するためにタイルを落としたり、引出が枠材に当たらないようにと大変な部分もありましたが、綺麗に仕上がりました。

CIMG3803

 

 

 

 

 

 

このように、吊戸棚を無くすと、とても開放的になります。スライド収納の場合は、開き扉よりは収納力がアップしますが、もし、今まで吊戸棚に大量に物が入っているような場合は、他で収納を増やすか、断捨離をお勧めします。

CIMG3745

元々下り壁の下部についていた枠材を縦の枠(左写真のレンジフード横の枠)に再利用しました。

当初、上手くいくか分からないと言っていた大工さんでしたが、本当に綺麗に仕上げてくれました。(右写真)

流石!ベテランです。

この縦の枠材は、新しいものを入れる予定でしたが、お客様のご希望もあり、既存の物を利用しました。

新しいものは心配なく綺麗に設置できますが、色や風合いを全く同じようにすることは難しい為、今回のように既存の物を上手く利用できると違和感がありません。只、綺麗に仕上げるのはとても難しい事です。状況によります。

 

 

 

 

 

 

しつこい営業はしない事を約束します!お住まいのリフォームのお問い合わせ・ご相談はこちら