福岡市のリフォーム屋さん工事ブログ

古民家 減築工事2(屋根、外壁補修工事)

投稿日:2019.08.02

築120年のお宅の減築工事2

増築されていた部分の解体が終わった為、

屋根、外壁を補修して、サッシを取付けます。

 

解体前

 

解体後の屋根

 

屋根の下地を造り、ルーフィングを敷いて一部瓦を葺き替えて、軒側はガルバリウム鋼板です。

 

サッシ取付(左)と雨樋用の配管(右)

 

外壁張り中

 

サッシ、外壁完了後、軒天・破風の塗装

 

雨樋取付

 

左官工事

 

工事完了

来年、雑草対策の為に裏庭全体にコンクリートを打つ予定と言う事で、取り敢えずは、雨による泥はね対策として、バラスを敷きました。
 

左官屋さんの工事としては、もう一つ

解体前からある井戸用ポンプ(中央)

しっかり架台を作ってもらいました。

 

 

この後、内部の工事に入ります。

お客様のご希望は、内部の生活動線の改善が最優先の為、外部の工事は、必要最低限と言う事になりました。

しつこい営業はしない事を約束します!お住まいのリフォームのお問い合わせ・ご相談はこちら