福岡市のリフォーム屋さん工事ブログ

古民家 キッチン・ダイニングを快適に改装1(床工事)

投稿日:2019.08.30

築120年の古民家です。

かなり広いお宅ですが、現在は高齢女性のお一人暮らし。

広過ぎて、寒くて不、便…というご不満がありました。

キッチン・ダイニングだけで12畳以上ありました。普段はお一人で快適に、たまに仲の良いお友達を呼んで楽しく過ごしたい。他の部屋は寒いので、この部屋と水廻り(浴室・トイレ等も改装)だけで、生活を完結させたいというご要望でした。
床を張替え(一部畳を撤去)て、キッチンを小さくして、寒さ対策に内窓を取付ける事に。ベッドもこの部屋に置くと言う事で、ワンルームマンションのような状態になります。
 

施工前

施工後

 

<工事中>

家具片付け後。以前は掘り炬燵がありました。

畳と畳の下地板材を撤去

キッチン側の床の高さにあわせて、新しい床を仕上げるために下地を組みます。
勿論、断熱材も入れます。

コンパネを張った状態。

キッチンと手前の畳スペースとの間にある敷居は高さが合わない為、高さ調整をします。
完成

キッチン等の工事は、次回の改装2でご紹介します。
しつこい営業はしない事を約束します!お住まいのリフォームのお問い合わせ・ご相談はこちら